Windows Live Mail メール設定方法

今回はWindowsLiveMailのメール設定方法をご案内します!

1.WindowsLiveMailを開きます。
WindowsLiveMailがインストールされていれば左下のWindowsマークからみつけることができるかと思います。
もしもインストールしたはずなのに表示されないぞ?という時には『全てのプログラム』をクリックして探してみてください。

名称未設定-1

2.WindowsLiveMailを開いたら上部のメニュータブから『アカウント』を選択し、その中から『電子メール』をクリックして下さい。

名称未設定-2

3.『電子メール』を選択すると『メールアカウントを追加する』といったウィンドウが開きますので下記の情報を入力して下さい。

・電子メールアドレス
 設定をするメールアドレスを入力します。

・パスワード
 設定するアドレスのパスワードを入力します。

・表示名
 任意の表示名を入力します。(英数字以外も使えます)
 ここに入力した情報は、メールを送った時に相手側に表示される名前になります。

上記の情報を入力したら、一番下にある『手動でサーバー設定をする』へチェックを入れた状態で『次へ』をクリックして下さい。

名称未設定-3

4.『次へ』で進めるとサーバー情報を入力する画面になります。

≪受信サーバー情報≫
・サーバーの種類
 『POP』か『IMAP』設定を行なう方を選択しましょう。

・サーバーのアドレス
 受信サーバーのアドレスを入力してください。
 『IMAP』を選択した場合には下の『セキュリティで保護された接続(SSL)が必要』にもチェックを入れてください。

・ログオンユーザー名
 設定するアドレスのユーザー名を入力して下さい。
(『ユーザー名』は場合によって『アカウント名』といった名前で発行されていることもあります。)

≪送信サーバー情報≫
・サーバーのアドレス
 送信サーバーの情報を入力して下さい。

・ポート
 『587』を入力してください。
 デフォルトは「25」になっていることが多いので、デフォルトの情報を消して入力し直しましょう。

名称未設定-4

5.上記情報の入力を終えて『次へ』を選択すると設定が完了となります。
 
名称未設定-6

設定後には、問題なく設定ができているか送受信の確認をしましょう。

メールソフトによっては設定をする中で送信・受信の確認が入って
間違った情報が入っているとアカウントの作成が完了できないものもありますが、
LiveMailは間違った情報が入っていてもアカウントの作成が完了してしまいます;

なので、「アカウント設定できた~♪」と確認をせずに終わりにしてしまうと、いざメールを使う時に

『設定が間違っていて受信できない・・・送信できない・・・(((・Д・;)))』

と慌てることにもなりかねませんので、必ず送受信確認はするようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>