カテゴリー別アーカイブ: Youtube

Youtube(ユーチューブ)へのアップロード 設定方法

今回はYoutubeで動画をアップロードする方法をご紹介したいと思います。

今や、Youtubeなどの動画アップロードサイトは大人気ですよね!個人の趣味の場だけでなく、様々な企業や会社も、宣伝手段として動画を載せていたりしますので、まだ動画をアップロードした事ない方は、是非この機会に手順を覚えて、今後はオリジナル動画を上げてみてはいかがでしょうか?

1、まずはアカウントの設定をしましょう。ただ動画を視聴するだけですと、特に登録などは必要ありませんが、動画をアップする時は、自分のページを持つ事になりますので、ユーザー名などの登録が必要になってきます。まずは、http://www.youtube.com/へアクセスして下さい。左上にアカウント作成のボタンがありますので、クリックしましょう。「新しいGoogleアカウントを作成」というページに移動しますので、必要な項目を埋めていってください。 ユーザー名には全角文字や記号、スペースなどは使用出来ませんのでご注意ください。GoogleのGmailを持ってない場合は、メールアドレスも取得してください。

Google アカウント作成ページ

 

 

2. ご自身が登録したGmailのアドレスの方に、ようこそメールが届きますので、そちらを確認して、記載されているURLからYoutubeにアクセスして下さい。

3. Youtubeの画面に戻ったら、今度は先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。

4. youtubeにログイン後に右上にあるアップロードをクリックしてください。チャンネルの設定と出てきますので、ユーザー名を入力しましょう。

y1

 

 

5. 設定が済みましたら、再度トップページに戻ってから、またアップロードをクリックしてください。 アップロードするファイルを選択をクリックしましょう。ご自身がアップロードしたい動画を選択して開くと、アップロードが開始されます。

y2

 

6. アップロードが完了したら、自分で視聴の確認をして、終了です!

y3

 

この時アップロードに失敗しない為の注意点がいくつかあります。ブラウザは最新のものを使用してください。おすすめは、Chrome, Firefoxですが、更新されていない場合は最新版に更新しましょう。

アップロードしたい動画のファイル形式も確認しましょう。動画ファイルのみ有効なので、音声ファイルなどを上げる場合は動画ファイルへと変換してください。Youtubeでサポートされているファイル形式の一覧は下記の通りです。

<サポートされているファイル形式>
・WebMファイル
・MPEG4、3GPP、MOVファイル
・.AVI
・.MPEGPS
・.WMV
・.FLV

※アップしたときに若干画質が落ちるので出来る限り、本来の形式のままで
高画質の動画をアップロードすることをおすすめします。

容量は最大20GBまで可能です。

高画質のままアップロードする時に注意したいことは下記の通りです。

・解像度を1280×720以上にする
・映像ビットレートをあげる
・WMVかH.264でエンコードする

有料のソフトもありますが、フリーのものでも十分に編集機能などがあります。

フリーソフトはwoopie video desktop

http://www.woopiedesktop.com/

?

有料のソフトは
特に何を重点的に編集したいかによって、様々なソフトがあります。
画質重視だったり、動画のエフェクト重視だったり、値段も何千円から万単位であるので、
特に要望が無いようでしたら、フリーのがオススメです。

 

最初は注意点など、難しく感じるかもしれませんが、一度手順を覚えると、動画をアップロードするのが楽しくなりますよ!より多くの方に自社の事をアピールする機会にもなりますので、是非活用しましょう!