月別アーカイブ: 2013年10月

複数アカウントが有るLiveメールでアカウントを指定してメールを送る

1つのメールソフトに複数のアカウントを設定して使用している人も多いのではないでしょうか。
そういった場合にたまに頂くのが、このアカウントでメールを送りたいんだけど・・・どこで選んだらいいの??というご質問。

今回は、Liveメールでメールを送るときにアカウントを指定する方法をご紹介致します!

そもそも、アカウントの設定はどうしたらいいの?という場合には、以前にご紹介をしているLiveメール設定方法の記事を参考にしてください(^^)

http://www.hu-web2.com/web-manual/windows-live-mail%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E6%96%B9%E6%B3%95/

1.まず、複数アカウントが設定されている場合、左側に設定をしたアカウントが並んでいます。

名称未設定-1

 そこからメールを送りたいアカウントを選択した状態で『電子メールメッセージ』からメール作成画面を立ち上げると、自動的に選択したアカウントのアドレスが指定されます。

名称未設定-3
上図の右上に表示されている赤丸の部分に指定したアドレスが表示されます。

2.もしも選択したアドレスが指定されていなかったり、メールを書いてから別のアドレスで送りたい!と思ったときには、
 差出人アドレスの部分をクリックすると設定されているアカウントの中から指定したいアドレスを選ぶことができます。

名称未設定-2

以上の方法で、複数のアカウントの中からメールを送るときのアドレスを指定することができます!

複数のアカウントが設定されていると、うっかり違うアカウントからメールを送ってしまったり・・・
なんてトラブルもあるかと思いますので、意識してアカウントの指定をする場合でなくても
メールを送信する前には一度『差出人』のアドレスをチェックする、といった癖をつけておいてもいいかもしれませんね(^^)

サンダーバード アドレス帳登録

メールを送るときにいちいちあいてのアドレスを手入力するのは大変ですよね;
そこで、頻繁にメールを送る相手のメールアドレスは『アドレス帳』に登録をしておくと便利です!

今回は、サンダーバードでのアドレス帳の登録方法をご紹介します!

1.まず、サンダーバードを開いたら上部のメニューから『アドレス帳』を選択します。

名称未設定-1

2.アドレス帳のウィンドウが開きますので、左上の『新しい連絡先』を選択します。

名称未設定-2

3.アドレスの登録画面になりますので情報を入力していきます。
  今回はとりあえずメールアドレスを登録できれば良いので・・・『表示名』と『メールアドレス』の情報を入力してみます。

名称未設定-3

この時、追加するアドレス帳も選択できます。今回は『個人用アドレス帳』へ登録したいと思います

名称未設定-3-2

情報を入力し『OK』を選択するとアドレス帳に登録されます。

名称未設定-4

4.登録をしたアドレスへメールを送りたいときには、アドレス帳画面でメールを送りたいアドレスを選択し、『メッセージ作成』を選択します。

名称未設定-4-2

すると、自動的にメールアドレスが入力されたメール作成画面が出てきます!

名称未設定-5

逆に、メールを先に作成して、アドレス帳から送り先を選択したい場合にはメール作成画面の左側からアドレス帳に登録したアドレスを選択することができます。

名称未設定-5-2

アドレス帳を活用すれば入力にかかる手間も省けますし、メールアドレスの入力ミスなども減らすことができるかと思いますので、ぜひ活用してみてください!(^_^)

Liveメールをインストールする

過去の記事でメールの設定方法等を紹介しているWindowsLiveMail
Windowsのパソコンなら最初からインストールされている物・・・
と思っていたのですが、実はそうでもないようですね;

先日、新しいPCにメールの設定をした際にLiveMailのインストール作業をしましたので、今回はその手順をご紹介します!

1.まず、ブラウザを開いて『ライブメール ダウンロード』や『WindowsLiveMail ダウンロード』と検索してみましょう。
すると、検索結果の上から1、2つ目にWindowsEssentialのダウンロードが行えるページが出てきます。

下図のようなページです。
名称未設定-1

ダウンロードページを開いたら『今すぐダウンロード』を押しましょう。
※無料でダウンロードできます!

2.ダウンロードしたデータを実行するとインストール画面に進みます。
下図のようにインストールをするプログラムを選択する画面が表示されます。
名称未設定-2

『WindowsEssentialを全てインストール』と『インストールする製品の選択』といった項目があります。
どちらからでもLiveMailをインストールすることは可能ですが、『全てインストール』をするとメールソフト以外にも
Messengerやムービーメーカー等も一緒にインストールされてしまいます。
使用しないソフトをインストールしてもパソコンの容量がかかってしまうだけですので、
下の『インストールする製品の選択』をオススメします。
私も先日設定をした際には選択をして必要なものだけをインストールしました(^^)

3.『インストールする製品の選択』をするとインストールしたいソフトを選択する画面に進みます。
『メール』と書いてある物がLiveMailになりますので、そこを選択してインストールを進めましょう。
名称未設定-3

あとは画面の指示に沿ってインストールを進めて行けばLiveMailが使用できるようになります!

インストール後は忘れずに一度パソコンを再起動してくださいね!

サンダーバードでメール送受信ができない時確認すること

今回は、サンダーバードを使用しているときのメールの送受信ができない!の解決方法をご紹介します。

1.まず、上部のメニュー内から『ツール』を選択し、その中の『アカウント設定』をクリックします。
名称未設定-1

2.アカウント設定をクリックするとアカウントの設定情報を確認できる画面が開きます。

 まず、設定を確認したいアカウントの下にある『サーバー設定』から受信サーバーの情報を確認します。
 『サーバ名』『ユーザ名』の情報が間違っていないか確認をしましょう。
 隣のポート番号は『110』(IMAP使用の場合には『993』)になっていることを確認しましょう。

 また、【セキュリティ設定】の部分はPOPならば『なし』IMAPならば『SSL/TLS』を選んでください。
名称未設定-2-1

名称未設定-3-2

受信の情報確認は以上です。

3.次に、送信サーバーの情報を確認します。
 左側のアカウントが並んでいる中の下のあたりに『送信(SMTP)サーバー』という項目がありますので、そちらを選択して下さい。
名称未設定-4

4.『送信(SMTP)サーバー』を選ぶと右側に設定しているSMTPサーバーが出てきます。
 情報を修正する送信サーバーを選んだら『編集』を選択してください。
名称未設定-4-1

5.『編集』を選択すると、送信サーバー情報のプロパティが開きます。
 『サーバー名』や『ユーザー名』の情報が間違っていないか確認してください。
名称未設定-5-1

6.次に、ポート番号が『587』になっていることを確認して下さい。
 確認ができたら『OK』で編集画面を閉じます。
名称未設定-5

上記で送信情報の設定も終了です。一度送受信の確認をしましょう。

ソフトが違うので画面の表示や手順は少々変わってきますが、
確認をしている内容としては、以前紹介をしたLiveメールとほぼ同様です。

http://www.hu-web2.com/web-manual/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%80%81%E5%8F%97%E4%BF%A1%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E6%99%82%E3%81%AB%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8live-mail/

サンダーバード、LiveMailに限らず、送受信ができない時には殆どが『設定情報が少し間違っている』だけの場合が多いです。
慌てる前にまずはプロパティを開いて、入力情報などに間違いが無いかを確認してみましょう。

メール送受信ができない時に確認すること(Live Mail)

メールの設定について対応をしていると様々なご質問を頂くのですが、その中でも最も多く頂くのが

『アカウント設定したのにメールの送受信ができない!』

『受信はできるのに送信ができない!!』

といった内容のお問合せです。

今回はLiveMailを使用している場合のメール送受信ができない時に
確認をして頂きたい箇所についてご案内をします。

まず、受信ができません・・・といったときに確認をして頂きたい箇所です。

1.メニュー上部からプロパティを選択します。
名称未設定-1

2.プロパティが開いたら受信メールサーバーの情報を確認して下さい。
 受信ができない場合はだいたいここの入力情報が間違えていることが多いです!
 スペルミスが無いか、半角全角の間違いが無いか、無駄なスペースが入っていないか・・・など良く注意して見直してください。
 また、サーバーの種類が間違えている場合もありますので、『POP』と『IMAP』どちらで設定をするのかもよく確認しましょう。
名称未設定-1-2

3.入力情報を確認したら、『詳細設定』から受信サーバーのポート番号も確認して下さい。
ここは基本的には自動で数字が入ってきますので、あまり間違っているという事は有りませんが・・・念のため確認しましょう。
因みに、基本的にはPOPの場合には『110』IMAPの場合には『993』となります。
また、『IMAP』の場合には受信メールの下にある
『このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要』にチェックが入っているかも確認してください。
名称未設定-0

4.以上を確認・修正した上で再度受信の確認をして下さい。

次に、送信ができない場合の設定の確認です。

1.まず、受信の時と同様にプロパティを開きます。
名称未設定-1

2.プロパティが開いたらまず『送信サーバー』の情報に間違いが無いか確認をして下さい。

 また、『このサーバーは認証が必要』にチェックが入っているかを確認して下さい。
 送信のみできない・・・という場合などはこのチェックが抜けているだけ、という事も非常に多いです!
 
 上記をチェックしたら右下の『設定』をクリックして下さい。

名称未設定-3

3.送信メールサーバーの情報が開きますので
 『受信サーバーと同じ設定を使用する』にチェックが入っていることを確認して『OK』をクリックしてください。
名称未設定-4

 
4.次に、『詳細設定』から送信メールのポート番号を確認して下さい。
 ここはデフォルトで『25』が入っていることが多いです!
 別の数字が入っている場合には削除をして『587』に変更してください。
名称未設定-2
 

5.以上で送信設定の確認は終了です。
 実際に送信が出来るか確認をしてください。
 

パソコンやメールソフト自体が不具合をおこしている場合でなければ
基本的には上記の情報を確認して頂くと送受信ができない!といったトラブルは解消されるかと思います。
ちょっとした入力ミスということが殆どですので、ちゃんと設定したのに送受信ができない!故障!?
と慌てる前に一度上記の設定を確認してみましょう。