複数アカウントが有るLiveメールでアカウントを指定してメールを送る

1つのメールソフトに複数のアカウントを設定して使用している人も多いのではないでしょうか。
そういった場合にたまに頂くのが、このアカウントでメールを送りたいんだけど・・・どこで選んだらいいの??というご質問。

今回は、Liveメールでメールを送るときにアカウントを指定する方法をご紹介致します!

そもそも、アカウントの設定はどうしたらいいの?という場合には、以前にご紹介をしているLiveメール設定方法の記事を参考にしてください(^^)

http://www.hu-web2.com/web-manual/windows-live-mail%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E6%96%B9%E6%B3%95/

1.まず、複数アカウントが設定されている場合、左側に設定をしたアカウントが並んでいます。

名称未設定-1

 そこからメールを送りたいアカウントを選択した状態で『電子メールメッセージ』からメール作成画面を立ち上げると、自動的に選択したアカウントのアドレスが指定されます。

名称未設定-3
上図の右上に表示されている赤丸の部分に指定したアドレスが表示されます。

2.もしも選択したアドレスが指定されていなかったり、メールを書いてから別のアドレスで送りたい!と思ったときには、
 差出人アドレスの部分をクリックすると設定されているアカウントの中から指定したいアドレスを選ぶことができます。

名称未設定-2

以上の方法で、複数のアカウントの中からメールを送るときのアドレスを指定することができます!

複数のアカウントが設定されていると、うっかり違うアカウントからメールを送ってしまったり・・・
なんてトラブルもあるかと思いますので、意識してアカウントの指定をする場合でなくても
メールを送信する前には一度『差出人』のアドレスをチェックする、といった癖をつけておいてもいいかもしれませんね(^^)

サンダーバード アドレス帳登録

メールを送るときにいちいちあいてのアドレスを手入力するのは大変ですよね;
そこで、頻繁にメールを送る相手のメールアドレスは『アドレス帳』に登録をしておくと便利です!

今回は、サンダーバードでのアドレス帳の登録方法をご紹介します!

1.まず、サンダーバードを開いたら上部のメニューから『アドレス帳』を選択します。

名称未設定-1

2.アドレス帳のウィンドウが開きますので、左上の『新しい連絡先』を選択します。

名称未設定-2

3.アドレスの登録画面になりますので情報を入力していきます。
  今回はとりあえずメールアドレスを登録できれば良いので・・・『表示名』と『メールアドレス』の情報を入力してみます。

名称未設定-3

この時、追加するアドレス帳も選択できます。今回は『個人用アドレス帳』へ登録したいと思います

名称未設定-3-2

情報を入力し『OK』を選択するとアドレス帳に登録されます。

名称未設定-4

4.登録をしたアドレスへメールを送りたいときには、アドレス帳画面でメールを送りたいアドレスを選択し、『メッセージ作成』を選択します。

名称未設定-4-2

すると、自動的にメールアドレスが入力されたメール作成画面が出てきます!

名称未設定-5

逆に、メールを先に作成して、アドレス帳から送り先を選択したい場合にはメール作成画面の左側からアドレス帳に登録したアドレスを選択することができます。

名称未設定-5-2

アドレス帳を活用すれば入力にかかる手間も省けますし、メールアドレスの入力ミスなども減らすことができるかと思いますので、ぜひ活用してみてください!(^_^)

Liveメールをインストールする

過去の記事でメールの設定方法等を紹介しているWindowsLiveMail
Windowsのパソコンなら最初からインストールされている物・・・
と思っていたのですが、実はそうでもないようですね;

先日、新しいPCにメールの設定をした際にLiveMailのインストール作業をしましたので、今回はその手順をご紹介します!

1.まず、ブラウザを開いて『ライブメール ダウンロード』や『WindowsLiveMail ダウンロード』と検索してみましょう。
すると、検索結果の上から1、2つ目にWindowsEssentialのダウンロードが行えるページが出てきます。

下図のようなページです。
名称未設定-1

ダウンロードページを開いたら『今すぐダウンロード』を押しましょう。
※無料でダウンロードできます!

2.ダウンロードしたデータを実行するとインストール画面に進みます。
下図のようにインストールをするプログラムを選択する画面が表示されます。
名称未設定-2

『WindowsEssentialを全てインストール』と『インストールする製品の選択』といった項目があります。
どちらからでもLiveMailをインストールすることは可能ですが、『全てインストール』をするとメールソフト以外にも
Messengerやムービーメーカー等も一緒にインストールされてしまいます。
使用しないソフトをインストールしてもパソコンの容量がかかってしまうだけですので、
下の『インストールする製品の選択』をオススメします。
私も先日設定をした際には選択をして必要なものだけをインストールしました(^^)

3.『インストールする製品の選択』をするとインストールしたいソフトを選択する画面に進みます。
『メール』と書いてある物がLiveMailになりますので、そこを選択してインストールを進めましょう。
名称未設定-3

あとは画面の指示に沿ってインストールを進めて行けばLiveMailが使用できるようになります!

インストール後は忘れずに一度パソコンを再起動してくださいね!

サンダーバードでメール送受信ができない時確認すること

今回は、サンダーバードを使用しているときのメールの送受信ができない!の解決方法をご紹介します。

1.まず、上部のメニュー内から『ツール』を選択し、その中の『アカウント設定』をクリックします。
名称未設定-1

2.アカウント設定をクリックするとアカウントの設定情報を確認できる画面が開きます。

 まず、設定を確認したいアカウントの下にある『サーバー設定』から受信サーバーの情報を確認します。
 『サーバ名』『ユーザ名』の情報が間違っていないか確認をしましょう。
 隣のポート番号は『110』(IMAP使用の場合には『993』)になっていることを確認しましょう。

 また、【セキュリティ設定】の部分はPOPならば『なし』IMAPならば『SSL/TLS』を選んでください。
名称未設定-2-1

名称未設定-3-2

受信の情報確認は以上です。

3.次に、送信サーバーの情報を確認します。
 左側のアカウントが並んでいる中の下のあたりに『送信(SMTP)サーバー』という項目がありますので、そちらを選択して下さい。
名称未設定-4

4.『送信(SMTP)サーバー』を選ぶと右側に設定しているSMTPサーバーが出てきます。
 情報を修正する送信サーバーを選んだら『編集』を選択してください。
名称未設定-4-1

5.『編集』を選択すると、送信サーバー情報のプロパティが開きます。
 『サーバー名』や『ユーザー名』の情報が間違っていないか確認してください。
名称未設定-5-1

6.次に、ポート番号が『587』になっていることを確認して下さい。
 確認ができたら『OK』で編集画面を閉じます。
名称未設定-5

上記で送信情報の設定も終了です。一度送受信の確認をしましょう。

ソフトが違うので画面の表示や手順は少々変わってきますが、
確認をしている内容としては、以前紹介をしたLiveメールとほぼ同様です。

http://www.hu-web2.com/web-manual/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%80%81%E5%8F%97%E4%BF%A1%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E6%99%82%E3%81%AB%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8live-mail/

サンダーバード、LiveMailに限らず、送受信ができない時には殆どが『設定情報が少し間違っている』だけの場合が多いです。
慌てる前にまずはプロパティを開いて、入力情報などに間違いが無いかを確認してみましょう。

メール送受信ができない時に確認すること(Live Mail)

メールの設定について対応をしていると様々なご質問を頂くのですが、その中でも最も多く頂くのが

『アカウント設定したのにメールの送受信ができない!』

『受信はできるのに送信ができない!!』

といった内容のお問合せです。

今回はLiveMailを使用している場合のメール送受信ができない時に
確認をして頂きたい箇所についてご案内をします。

まず、受信ができません・・・といったときに確認をして頂きたい箇所です。

1.メニュー上部からプロパティを選択します。
名称未設定-1

2.プロパティが開いたら受信メールサーバーの情報を確認して下さい。
 受信ができない場合はだいたいここの入力情報が間違えていることが多いです!
 スペルミスが無いか、半角全角の間違いが無いか、無駄なスペースが入っていないか・・・など良く注意して見直してください。
 また、サーバーの種類が間違えている場合もありますので、『POP』と『IMAP』どちらで設定をするのかもよく確認しましょう。
名称未設定-1-2

3.入力情報を確認したら、『詳細設定』から受信サーバーのポート番号も確認して下さい。
ここは基本的には自動で数字が入ってきますので、あまり間違っているという事は有りませんが・・・念のため確認しましょう。
因みに、基本的にはPOPの場合には『110』IMAPの場合には『993』となります。
また、『IMAP』の場合には受信メールの下にある
『このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要』にチェックが入っているかも確認してください。
名称未設定-0

4.以上を確認・修正した上で再度受信の確認をして下さい。

次に、送信ができない場合の設定の確認です。

1.まず、受信の時と同様にプロパティを開きます。
名称未設定-1

2.プロパティが開いたらまず『送信サーバー』の情報に間違いが無いか確認をして下さい。

 また、『このサーバーは認証が必要』にチェックが入っているかを確認して下さい。
 送信のみできない・・・という場合などはこのチェックが抜けているだけ、という事も非常に多いです!
 
 上記をチェックしたら右下の『設定』をクリックして下さい。

名称未設定-3

3.送信メールサーバーの情報が開きますので
 『受信サーバーと同じ設定を使用する』にチェックが入っていることを確認して『OK』をクリックしてください。
名称未設定-4

 
4.次に、『詳細設定』から送信メールのポート番号を確認して下さい。
 ここはデフォルトで『25』が入っていることが多いです!
 別の数字が入っている場合には削除をして『587』に変更してください。
名称未設定-2
 

5.以上で送信設定の確認は終了です。
 実際に送信が出来るか確認をしてください。
 

パソコンやメールソフト自体が不具合をおこしている場合でなければ
基本的には上記の情報を確認して頂くと送受信ができない!といったトラブルは解消されるかと思います。
ちょっとした入力ミスということが殆どですので、ちゃんと設定したのに送受信ができない!故障!?
と慌てる前に一度上記の設定を確認してみましょう。

Windows Live Mail メール設定方法

今回はWindowsLiveMailのメール設定方法をご案内します!

1.WindowsLiveMailを開きます。
WindowsLiveMailがインストールされていれば左下のWindowsマークからみつけることができるかと思います。
もしもインストールしたはずなのに表示されないぞ?という時には『全てのプログラム』をクリックして探してみてください。

名称未設定-1

2.WindowsLiveMailを開いたら上部のメニュータブから『アカウント』を選択し、その中から『電子メール』をクリックして下さい。

名称未設定-2

3.『電子メール』を選択すると『メールアカウントを追加する』といったウィンドウが開きますので下記の情報を入力して下さい。

・電子メールアドレス
 設定をするメールアドレスを入力します。

・パスワード
 設定するアドレスのパスワードを入力します。

・表示名
 任意の表示名を入力します。(英数字以外も使えます)
 ここに入力した情報は、メールを送った時に相手側に表示される名前になります。

上記の情報を入力したら、一番下にある『手動でサーバー設定をする』へチェックを入れた状態で『次へ』をクリックして下さい。

名称未設定-3

4.『次へ』で進めるとサーバー情報を入力する画面になります。

≪受信サーバー情報≫
・サーバーの種類
 『POP』か『IMAP』設定を行なう方を選択しましょう。

・サーバーのアドレス
 受信サーバーのアドレスを入力してください。
 『IMAP』を選択した場合には下の『セキュリティで保護された接続(SSL)が必要』にもチェックを入れてください。

・ログオンユーザー名
 設定するアドレスのユーザー名を入力して下さい。
(『ユーザー名』は場合によって『アカウント名』といった名前で発行されていることもあります。)

≪送信サーバー情報≫
・サーバーのアドレス
 送信サーバーの情報を入力して下さい。

・ポート
 『587』を入力してください。
 デフォルトは「25」になっていることが多いので、デフォルトの情報を消して入力し直しましょう。

名称未設定-4

5.上記情報の入力を終えて『次へ』を選択すると設定が完了となります。
 
名称未設定-6

設定後には、問題なく設定ができているか送受信の確認をしましょう。

メールソフトによっては設定をする中で送信・受信の確認が入って
間違った情報が入っているとアカウントの作成が完了できないものもありますが、
LiveMailは間違った情報が入っていてもアカウントの作成が完了してしまいます;

なので、「アカウント設定できた~♪」と確認をせずに終わりにしてしまうと、いざメールを使う時に

『設定が間違っていて受信できない・・・送信できない・・・(((・Д・;)))』

と慌てることにもなりかねませんので、必ず送受信確認はするようにしましょう!

開封確認メールを送る(サンダーバード)

先日『大切な内容のメールを送ったのだけど、ちゃんと相手の人が読んでくれているかがわからない・・・

相手がメールの確認をしてくれているかわかる機能は無いの??』といった事を聞かれましたので、

確か開封確認といった方法でメールを送ることができたはず・・・と、送早速調べてみました!

なので、今回はサンダーバードというメールソフトでの開封確認付きメールの送信方法をご案内します。

因みに、サンダーバードのアカウント設定については以前ご案内しておりますので

こちらの記事を参考にしてください!

http://www.hu-web2.com/web-manual/category/thunderbird/

1.まず、通常メールを送るときと同様にメールの作成画面を開きます。
 
メール作成画面の上部に並んでいるメニューの中からオプションを開くと

開封確認の返送を求める』といった項目がありますので、そちらを選択します。

メール作成画面

すると、『開封確認の返送を求める』の隣にチェックが入ります。

名称未設定-3

2.この状態で通常通りメールを作成・送信して下さい。

以上で開封確認メールの作成は完了です。

・・・では、この送られたメールは相手側ではどう見えるのでしょうか?
気になりましたので確認してみました。

こちらもサンダーバードで確認をした際の画面になりますが、
送られてきた側には下図のように『開封確認の返信をするか』といった表示が出るようです。

名称未設定-2

他のメールソフトでもこのように『開封確認メールを返送する』か『無視する』かの表示がでる場合が多いようです。

ここで『返送する』を選択し場合、『Return Receipt (displayed) 』というタイトルの英文メールが返信されてきます。

しかし、メールを送った相手の方がここで『無視』したり『返信をする』を押してくれなかった場合には

折角開封確認メールで送っても結局は開封したかわからないようですね;

開封確認がどうしても必要な場合には、メールの本文にその旨を一言沿えておくと良いかもしれませんね。

また、携帯のメール等では対応していない場合もあるようなので、そういった場合にも開封確認で送っても返信が無い;

といったことになってしまうようですので、あまり頼りきってしまうのは良くないかもしれませんね(^^;)

確実に開封確認ができる!といった機能では無いようですので、

機能としては『開封確認できたらラッキー!』くらいの気持ちで使用するようにして、

大切な内容のメールを送る場合には、メール送信後にお電話などで連絡をしたり、

本文にメール確認後に必ず返信を貰えるよう記載したりすることをお勧めします。

プログラムの削除(アンインストール) 方法

『必要のないプログラムがあるから削除したいなぁ・・・』

『プログラムをインストールした時にいらないプログラムまで一緒にインストールしてしまった!』

今回は、そんな時にパソコンから必要のないプログラムをアンインストールする手順をご紹介します。
(ここでご紹介するのはWindows7での手順となります)

1.まず、左下にある『Windows』のマークをクリックします。

すると、下図のようなメニューが開かれますので、その中から『コントロールパネル』を選択します。

コントロールパネルを開く

2.『コントロールパネル』を開くと、システムとセキュリティ、ネットワークとインターネット・・・などの項目が表示されます。

その中から『プログラム』をクリックして下さい。

もしも、『プログラム』の下に『プログラムのアンインストール』という項目が表示されていれば、そちらをクリックして頂いても構いません。

コントロールパネル

3.『プログラム』をクリックすると『プログラムと機能』という項目が表示されますので、そちらをクリックして下さい。

ここでも、『プログラム』の下に『プログラムのアンインストール』という項目があればそちらで進めても大丈夫です。

コントロールパネル→プログラム

4.手順3で『プログラムと機能』から進めた場合でも、手順2、3で『プログラムとアンインストール』から進めた場合でも、下図のような現在インストールされているプログラムの一覧ページが開かれます。

プログラムの機能

5.プログラムの一覧の中から削除したいプログラムを探し、右クリックして下さい。

右クリックをすると『アンインストール』という項目が表示されますのでそちらをクリックします。
(プログラムによっては『アンインストールと変更』等の項目の場合もあります)

削除するプログラムを選ぶ

6.アンインストールをクリックすると削除するプログラムのアンインストール画面が表示されますので、表示に従ってアンインストールを進めて下さい。

下図の例はAdobe Flash Playerのアンインストールを選択した時の画面です。
ここの表示はあくまでプログラムによりますが、基本的にはアンインストールを進めるか、キャンセルするかといった表示が出ることが多いかと思います。
アンインストール

また、削除を進める中で『ユーザーアカウント制御』という画面が表示される場合があります。
その際には『続行』をクリックして進めてください。

各プログラムの手順に従い進めて頂きますとアンインストールが完了します。

アンインストール完了後には一度パソコンを再起動しましょう。

以上の手順でプログラムのアンインストール(削除)ができます。

当然ですが、アンインストールをしますとそのプログラムは使用できなくなります。
削除前には本当に削除しても良いものか、しっかりと確認をした上で進めてください。

また、有料のプログラムなどでは再インストールをする為に手間がかかるものなども有ります。
(ディスクで購入するプログラムではインストール回数に制限があるものなども・・・)

再度インストールをする可能性がある場合には、そういった事もしっかりと確認をした上で注意して削除を行なうようにしてください。

Facebook(フェイスブック) 退会 方法

この記事ではFacebookの退会方法手順について説明したいと思います。

以前作ったアカウントがあるが、

「心機一転新しくアカウントを作りたい」

などの理由で、Facebookの退会を希望される方は下記の手順をご参考にして下さい。

 

 

 

1. まずはトップページの右上にある歯車マークをクリックして頂いて、ヘルプセンターを見るをクリックして下さい。

 

無題

 

 

2. ヘルプセンターの左側にあるアカウントの管理をクリックして下さい。

 

Screenshot_1

 

 

 

3. 次にアカウントの利用解除、削除、追悼をクリックして下さい。

 

Screenshot_2

 

 

 

4.  アカウントの削除の下にある、自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか。をクリックして下さい。

 

Screenshot_3

 

 

 

 

5. ?アカウントの削除方法の説明が開きますので、このフォームに記入をクリックして下さい。

 

Screenshot_4

 

 

 

6. アカウントを完全に削除する準備ができましたら、アカウントを削除をクリックしましょう。

 

Screenshot_6

 

 

 

7. Facebookにログインする際のパスワードを入力し、毎回ランダムに表示されるアルファベットと数字の羅列を入力してからOKをクリックして下さい。

Screenshot_7

 

 

 

 

8. 14日間の猶予の後に永久に削除されてしまいます。もしも、やっぱり削除はやめたいと思われた場合は14日以内にFacebookにログインしましょう。

OKを押して次に進みます。

Screenshot_8

 

 

 

9. ?14日以内にログインしますと、アカウントが削除される日程の予告が表示されますので、削除をやめたい場合は、削除をキャンセルをクリックして下さい。

 

Screenshot_9

 

 

10. アカウント削除をキャンセルして、引き続き使用する場合は、アカウントの利用を再開をクリックし、引き続き同アカウントでFacebookをご利用下さい。

11

 

 

以上で、Facebookの退会方法の手順は以上です。

 

Google カレンダー 予定追加 手順

Googleのアカウントを取得したら様々な便利機能がご利用頂けるようになります。

その中の一つがグーグルカレンダーです。自分だけのスケジュールだけでなく、社内でみんなのスケジュールを共有でき、お互いに予定を把握できる機能です。

予定を書き込むのは簡単なので、手順をご紹介します。

 

1. Googleにログインすると、検索画面の上にGmailなどと一緒にカレンダーと表示されていますのでクリックして下さい。

 

calender

 

 

 

2. 下記の様なカレンダーの画面が表示されます。

 

calender2

 

 

3. 右上になど、カレンダーの表示を選択できますので、その都度ご自身が使い易い方法をお試し下さい。

 

calender3

 

 

 

4. 次に、予定を書き込みましょう。予定を書き込みたい日にちをクリックして、予定を編集をクリックして下さい。

 

calender4

 

 

 

5. 場所や予定内容を書き込んで、保存を押して下さい。終日についているチェックを外すと、時間帯も選択できます。または、予定の詳細タブの隣にある時間を探すをクリックして時間帯を選ぶと自動的に反映されます。

 

calender5

 

 

 

6. 保存すると、下記の様に予定が登録されました。

 

calender6

 

 

とても便利なグーグルカレンダーを使いこなして忙しい日々の予定を把握しましょう。