SEO調査 キーワードの分散率を視覚的に確認する方法

seo対策をみなさんされていらっしゃるかと思いますが

 

今日、SEO対策は本を5冊読んだとしても追いつかず、到底足りません。

 

特にホームページ制作会社やWEBマーケティング会社ではあまりに情報量が多すぎて必ず一人いないとやっていけないでしょう。

 

しかも、数か月に1度のアルゴリズムの変化により、今まで効いてた対策がだめになったり、

 

逆に効果がなかったもの効いたりします。

 

膨大な検証、実験結果のログデータがアルゴリズムの変化に対応できる鍵です。

 

 

Googleさんの執念はすさまじいですね。

 

 

それでもこのSEO対策だけはやれる・・・・・

 

 

そういった対策を少しずつやるべきです。

 

 

今回は内部施策で絶対やるべき対策とテクニックをご説明します。

 

「キーワードの隣接」と「分散」についてです。

 

 

昔のSEO対策はクローラーがあまり下の方のソースをみようとしなかったので

 

title,h1などをソースの上に方にキーワードを集めておけば

 

わりかしインデックスされやすかったのですが

 

現在Googleクローラーはくまなくチェックしますのでソース上部にキーワードを埋めるだけでは

 

逆にペナルティーを受けてしまう可能性が高くなりました。

 

これがキーワードの隣接ペナルティーです。

 

要するにキーワードをページ全体に隣接しないようちりばめるわけです。

 

くまなく目標キーワードを分散結果をチェックするのは目視でチェックするのが一番良いですが

 

どうしてもそれでは時間がかかりすぎてしまいます。

 

そこで便利なツールがありますのでご紹介します。

 

 

まずはIEか、ファイヤーフォックスでヤフーツールバーをインストールして下さい。

※クロームにもヤフーツールバーの拡張がありますが今のところ、使いものになりません。

2013年6月現在

 

 

IEは基本使いづらいブラウザですがこのツールだけ使用したいので使っています。

 

さて、インストールしたら下記をみて下さい。

 

1

 

1、左に側に目標キーワードを入れます。

?たとえば、

「ホームページ制作 東京」

 

次に

2、右側の黄色のところをハイライトというところをクリックしてください。

 

するとページ上にメインキーワード「ホームページ制作」は黄色になって出てきます。

 

サブキーワードの「東京」は青くなります。

 

 

このように色分けされることによって視覚的にキーワードの分散と隣接が確認できるので

 

とても便利です。

 

また情報がありましたら、書いていきますね。

Post Comment