パンダ、ペンギンにみつかるのは・・・

1サイト、パンダアップデートで大幅なペナルティーを受けました。

 

2012年4月24日にペンギンアップデートがはじまり、

 

多くのアフィリエイターを苦しめました。

 

そんな波乱の年にもかかわらず、

 

当時、一つもペナルティーを受けてませんでした。

 

 

しかし、

 

私のサイトは2013年1月頃、あるビックキーワードのサイトがペナルティー

 

をうけました・・・・・・

 

 

今でも、グレーでありながら、

 

グーグル、パンダのアップデートをすり抜けているサイトもたくさんいます。

 

実は私がコンサルティングしているサイトは同じ施策をしていて

 

未だにあるビックキーワードが順位をキープしています。

 

もしかして、グーグル、ペンギンに早く捕獲される理由があるのでは?って

思いませんか?そうあるんです。

 

1、ウェブマスターツールに登録する

2、グーグルアナリティクスに登録する

 

この二つに登録するとほぼ監視されている状態なのお気づきですか?

 

もしあなたがグレーなやり方でSEO対策していらっしゃるなら、

この二つ、外すことをおススメします。

 

そして徐々にブラックハットから、ホワイトハットへ変更していけばいいのです。

 

私のサイトもそのつもりでいましたので今年入れ替えの準備をしていた矢先、

やられてしまったわけです。

 

そう知らない間に使っていたのです。

 

特にウェブマスターが強いと思います。

 

 

どちらも素晴らしいツールですが見つかる率が早くなることは

多くの検証結果で分かっています。

先日、あるSEOセミナーで同じこといってましたしね・・・

 

私の場合、パンダアップデートの日とかなりずれているので・・・

 

もしかしてちくり?と80%思ってましたが大きな間違いでした。

 

 

復旧対策は色々ありますが、

 

 

このような強力なペナルティーを受けると経営者も慎重になり、

信じてくれなくなるでしょう。

 

でも、これだけは覚えていて下さい。

 

攻めの姿勢を崩すとグーグルさんの思うつぼです。

 

やられたら、次の対策すればいいのです。

 

これだけ言っておきますがペナルティーを怖がって外部対策をやめると

絶対上がってきません。

やっぱりリンクは重要な資源ということを忘れないで下さい。

 

復旧対策としては・・・・

 

 

リンクの仕方を変えること

その低品質な文章を修正すること

 

 

これが一番早い復旧対策だと確信しています。

 

時間があるなら、もちろんホワイトハットをやるべきですが・・・・

 

とりあえず、リンク全部外すのは止めた方がいいです。

それからちまたにある無料のツールは信用してはいけません。

 

 

ますます難しくなったSEO対策ですがこれはチャンスなのです。

Post Comment