パンダアップデート&ペンギンアップデートをリカバリーするまでの日記8

パンダアップデート、ペンギンアップデートを調査、検証を始め丸半年が経ちました。

うちのサイトが1サイト喰らったのは

パンちゃんこと、

パンダアップデート

はじめはリンクが原因と思い、

ペンギンアップデートと決めつけ、

ペンギンでの復旧対策をしてしまいましたが

それがわからなかったので

かなりの遠回り(三か月)になってしまいました。

はじめからパンダアップデートの復旧対策して入れば

今頃、復旧できたかもしれません。

ちなみにうちのサイトはドメインを変更に踏み切り、

ドメイン変更での復旧対策で

現在、着々と上位に上り詰めてきました。

でも、みなさんにはドメイン変更ではなく、

復旧対策をオススメします。

やはり、変更したとしても

Googleさんのデータベースに残り、

目をつけられているので

関連性を完全に断ち切らないといけません。

また喰らう可能性があること、

名刺等の変更などでめんどくさいこと、

最後に見栄えがやっぱり悪いですよね。

 

私はSEOコンサルタントとしての意地をかけて復旧を考えてましたが

それは会社事情もあり、あまりお待たせするわけにいきませんので

変更を余儀なく・・・

 

ただ、さまざまなSEOセミナーに行き、

今回のパンダアップデート、ペンギンアップデートにかなり詳しくなりました。

もちろん、最新版にも対応済みです。

お金もだいぶ積みました分、今後ペナルティーを喰らったお客様へよい提案ができると思います。

 

今回の復旧対策は喰らってから三か月後に分かりました。

さまざまやってみて法則に気づいたからです。

それがあっているかどうか、最新SEOセミナーで確認しにいったわけですが

やっぱり正解でした。

SEOの仕事を長くやっていると、

HTMLコーディングのように、慣れがでて改善点を自分で見つけやすくなります。

まずはお金を払ってやるのではなく、自分でやってみることをオススメします。
※私の場合は会社での時間制約がありましたので・・仕方ありませんでした。

 

なんでも人に聞いている人も見かけますが

自力でやっていかないと独立などは厳しいと思うので・・・

とにかく自分の力で攻略できるようなSEOコンサルタントを目指して下さい。

 

さて、ここで重要なパンダ、ペンギンアップデートの違いをお伝えします。

 

パンダアップデート

20位以上ふっとばされる、
圏外にふっとばされる

 

ペンギンアップデート
10位~20位くらいふっとばされる

 

この違いをよく覚えておいて下さい。

 

ちなみに復旧対策で大変な方はいまのところ、

ペンギンアップデートです。

アメリカの有能なSEOでも10件中1件

とのことです。

正直ですね。

今後さまざま調査で解消されていくと思いますが

とにかく時間がかかります。

 

いまのところ、攻略法が大変そうですね。

あとご存じだと思いますが

ペンギンの場合はリンクが主な原因です。

大幅に下がらないからわかりづらいのです。

なぜ?

と思いませんか?

少ししか下がらないのはリンクのパワーが消えたわけではなく、

2割に効果が下がっただけだからです。

だからわかりづらいのですね。

パニックになっているので被リンクを外せば当然さがりますし、

とらないとあがりません。

いやなアップーデートですね。

 

復旧対策方法説明するのに軽く4時間はかかるので

ここでは省きますが

とにかくペナルティーを喰らわないよう、偏ったSEO対策は止めて下さい。

それがカギです。

宜しくお願いします。

 

P.S
今回は二週分で1400文字書きました笑

 

 

 

 

 

Post Comment