SEO バックリンク チューニングの注意その1

2013年1月~SEO対策方法がかなり変わってしまいました。

数はかなりありますが今回はバックリンクについてです。

今までであればとにかく外部リンク張っていけばある程度は上昇していきましたが

リンクの順番・仕組みが分かれないでリンクすると逆にペナルティーを受けてしまうので十分注意して下さい。

ツイッターをただやれ、FACEBOOKを更新しろ、ブログを毎日やれ、

これはだめパターンの古いやり方ですので心当たりある方は良い記事になるかもしれません。

SNSテクニックはまたそのうちかくとして、

 

今回はこれだけやってほしい

 

ということ、とにかく待つことの重要性について書きます。

 

SEO対策である程度競合の目標キーワードの順位を上げる第一歩は有料ディレクトリーへ登録することです。

3年、5年とドメインが運用してきたサイトは別ですが

新規ドメインは有料ディレクトリーがないとかなり難しくなってきました。

というはすぐにあげれません。

なぜか?

検索エンジンが信用しないからです。

信用のないドメインに外部対策をすると、

はい、

SEO対策目的ね

捕獲

となるのです。

これは私がアフィリエイトサイトで

試してみたので間違いないですね

だから有名サイトからリンクをもらえたら、グーグルさんも安心するわけですよ。

有料ディレクトリーがもし、難しいなら有名サイトにリンクしてもらって下さい。

また、ディレクトリー登録後のリンクは5~10ぐらいあれば十分です。

※新規ドメインの場合

あとはページを作るなり、サイトを更新するなどして下さい。

ただし、相互リンクなんかは良いですよ。

ただ、過剰にはやらないでください

1年間で10~30ぐらいで十分です。

本当に最新のSEO対策で重要なのは

なにもしないでひたすらコンテンツを作る方が重要で上がりやすいです。

2年経ったら本格的な外部リンク対策をする必要がありますが

リンク対策は複雑で難しいのでSEOのわかる人に聞いたり、セミナーに行ったほうがいいですよ。

※素人が外部対策を大量にやると本当に捕獲されます。

 

 

最後に私も色々な優秀なSEOコンサルタントのセミナーに行きましたが

100%その通りやる必要はありません。

皆さん素晴らしいコンサルタントでしたが

SEOは十人十色でみんな違います。

やはり、自分のサイトを守ってるくれるのはあなた自身なのです。

毎日、順位やアクセス解析をしてこれが効いた、効かなかったなどの ログを作って自分の感覚を大事にして下さい。

私はそう思います。

Post Comment