キャッシュについて

自分でwebサイトを制作している中で

こんなことがあったりしませんか?



webサイトを修正して、FTPでもアップ済みなのに

実際にそのページを見ると何も変わってない!





それは今webサイトを閲覧しているブラウザにキャッシュが

残っているからなんです。


キャッシュとは、何回も同じwebサイトを開いていると、

ブラウザ側でこのwebサイトのデータを残して、読み込みの負担を

減らそう!ということが起こることです。

(私なりの説明だとおおざっぱですが、要は履歴が残ったまま

という考えのが簡単かもしれません。)


キャッシュを消すには、そのwebサイトを開いた状態で

キーボードのF5を何回か押します。

すると、ついさっき修正したものが反映されます。


ですが、Google ChromeはF5を押しても解決しない場合があります。

そういったときは、以下の方法があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1.Google chromeの右上にある設定を押します。

2.履歴を選びます。

3.すべての閲覧データを消去を押します。

4.キャッシュにチェックを付けて、閲覧履歴データを消去する


これでOKです!!

他のブラウザでも設定から→履歴とメニューがあるので

困ったときは試してみてくださいね!

Post Comment