LP(ランディングページ)を作る時に意識していること

長い文章がだらだらつづくWebページ…疲れるし、あまり読みたくないですよね。

ランディングページのホームページ制作するときには

ランディングページ集めました。
などを参考にしています。自分なりに気づいたいくつかの法則をまとめました。

LPのコツその1

LPは通常のホームページよりも、より一層、漫画のように、絵で追って閲覧者をスッと納得させられる流れを目指しています。
原稿をもらったら一旦通して読み、テキストが多いな、と感じた部分はそれを図式化します。

これはhutureのLP抜粋です

lp4

 

————————–デザインする前の元の原稿 ——————————————

「目的」を明確にする為のヒアリング

ホームページを作る「目的」を明確にすることが

ホームページ制作の第一歩。

「ホームページを制作しようと思ったきっかけは?」

「なぜホームページをリニューアルされたいのですか?」

自社(店舗)をアピールするための手段として必要ならば、

なぜアピールが必要なのでしょう?

「信頼・安心を与える為のブランディング?」

「それとも集客?」

「リピート客への情報提供?」

お客様によって目的は様々です。

目的が違えば使用する道具もまた異なります。

お客様のお悩み解決に最も適した道具は何か(=どんな ホームページを作るべきか)を考えるため、まずは現状のヒアリングをしっかりとさせていただくところから始めます。

ホームページは目的ではなく手段!

目的を達成させるための道具なのです。

——————————————以上———————————-
紙に一旦書き出して、図に出来ないか整理します。ここでは、

「ホームページを制作しようと思ったきっかけは?」

「なぜホームページをリニューアルされたいのですか?」

をQ&Aのような大きな問いかけにできないか?と考えました。
そして矢印を引いて、

「信頼・安心を与える為のブランディング?」

「それとも集客?」

「リピート客への情報提供?」

をアイコンのように扱えないかと思いました。

LPのコツその2

フォントサイズのジャンプ率が大きい分、余白も広めに。

ゆったり見えるように、地と文字とのマージンを30pxにしています(通常のページでは10px程度が多いです)

lp3

こちらは20px
lp2

LPのコツその3

LPに限りませんが、図が多くて色がバラバラになりやすいのでカラーパレットをつくっておく。
色々探していて、使いやすかったカラーパレットツールは「カラースキームデザイナー」です。

ここに行くとページ左半分に大きい虹色の色相環が確認できます。

大きい虹色円盤の右下にRGB:  という所があるのでそこにメインカラーを「ff0000」のように入力

します。大きい円盤の上に小さい円盤が6つ横並びになっています。それをクリックすると

自動生成されたカラーパレットが6種類見られます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です