色面積で印象を強くする

色の面積を大きくして形をよりはっきりと見せることで、力強い印象になります。

 

色面積を大きくして、力強い印象にする

 

ホームページ制作のデザインにおいて、デザインにメリハリをつけるために
ある箇所を強調したいときがあります。
そういったときは、色ベタの面積を多くすると力強い印象になります。

 

注目させたい部分には大きな面積を配置することも効果的です。
例えば、タイトル部分に大きな色面積を使用すれば、そこに視線が集まり
目立ちやすくなります。

 

また、少し話がそれますが、
そこの近くに同じ色の小さな色面積を配置すると、大きなものと比べて
色の濃淡が異なって見えます。
大きな色面積は本来の色よりも「薄く」見えます。
小さな色面積は本来の色よりも「濃く」見えます。
これを「面積対比」と言います。

 

※色ベタとは
指定した範囲に濃淡をつけずに、色をおくこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です