0

色面積で印象を強くする

色の面積を大きくして形をよりはっきりと見せることで、力強い印象になります。

 

色面積を大きくして、力強い印象にする

 

ホームページ制作のデザインにおいて、デザインにメリハリをつけるために
ある箇所を強調したいときがあります。
そういったときは、色ベタの面積を多くすると力強い印象になります。

 

注目させたい部分には大きな面積を配置することも効果的です。
例えば、タイトル部分に大きな色面積を使用すれば、そこに視線が集まり
目立ちやすくなります。

 

また、少し話がそれますが、
そこの近くに同じ色の小さな色面積を配置すると、大きなものと比べて
色の濃淡が異なって見えます。
大きな色面積は本来の色よりも「薄く」見えます。
小さな色面積は本来の色よりも「濃く」見えます。
これを「面積対比」と言います。

 

※色ベタとは
指定した範囲に濃淡をつけずに、色をおくこと

 

0

可視性について

こんばんは!

webデザインの見習いNです。

前回は「視認性」について説明をさせていただきましたが、

今回は「可視性」について説明させていただこうと思います。

○可視性とは?

「視認性」はその対象の「物」や「形」の見やすさになりますが、

「可視性」は文字の見やすさや、文字として認識のしやすさになります。

○可視性について

可視性はポスターや、看板、道路標識で求められます。

webサイトでは、アイキャッチに文字を入れる場合も可視性が求められるときがあり

ます。

人がパッと見た瞬間にいかに読み取ってもらえるかが、重要となります。

ですので、こういった目にすぐ入ってもらいたいと思うキャッチフレーズや、注意につ

いては

「ゴシック体」や「サンセリフ体」を利用すると可視性が上がると言われています。

街中の広告を見てみると「ゴシック体」やそうでなくても、ポップな感じのフォントで大

きく

表現しているのが多いですね。

次は「可読性」についてご説明させていただきます!

それでは~

0

画像合成でメルヘンチックな世界を

イラストと写真との合成は少し前からトレンドです。

今回は絵と写真素材でアリスのような世界を作ってみました。

alice_07

 

まず、ボールペンでウサギを書きました。

alice_01

 

 

スキャンして、photoshopで開きます。レベル補正の白いスポイトを選んで白い背景をタッチ。

alice_03

 

 

ウサギは合成に使うために輪郭を切り抜いておきます。また、イラストの線を選択し、[ctrl]+Uで

「色相・彩度」ウィンドウを開き、色彩の統一にチェックをいれます。バーを動かし、描線が茶色になる所に調整します。

ボールペンの黒のままよりもアンティークな雰囲気が出ます。

次にウサギが女性の腕の奥にいるように見せるため、体の一部をマスクで隠します。

alice_05

ウサギが女性の周りをかくれんぼしているように見せました。

草やお花はillustratorで出来た素材を配置し、不透明度:20%にしました。

alice_07