0

デザイナーのビジネスメール

今更ながら、メールの文章の作り方に関して自信がなく、
お恥ずかしいと考えております。

他の方が正しくやっている事を盗もうと思い、個人的にまとめました。

デザイナですとメールにURLをコピー&ペースト

する事が多いのですが
Mozilla Thunderbirdでは、
下書きのウィンドウにURLを直接打ち込むと
正しくジャンプしないバグがたまにあります。リンクは必ずブラウザからいちいちコピー&ペーストしましょう。

また、外部からMac標準搭載のメーラーからメールを受信すると文字化けすることがありますので
その場合はThunderbird等の他のメーラーをお使いくださいと送り主にお願いしましょう。

メールに1MB以上のファイルを添付するのも避けましょう。
dropboxの「パブリック」(アップしたら右クリックで「パブリックリンクのコピー」をして、urlが分る。)
やFTPに上げてそのurlを教えるという手があります。

<書き方の基本>
題名:内容と一致するように。
社外のお客様向けには
例【フューチャー】と社名を入れる。

一行目からの書き出し:

○○様

お世話になります。
○○です。

題名を正確に書くと、「表題の件につきましてご連絡です。」と引用できます。

 

内容:
上から目線の書き方を、言い換える
ありがとうございました。でも良いですが、→お礼申し上げます。という書き方もあります。
参考になりました。はダメ→勉強になりました。

長いメールになる場合を読みやすくする工夫として
============================
 こんな感じで小見出し
============================
をつけるとより良いです。

結び:
(たびたびお手数ですが)ご確認をよろしくお願い致します。
以上ご連絡を申し上げます。
以上ご報告申し上げます。
返事が欲しい場合→
念のため確認でございますが、ご一報くださいませ。取り急ぎご返信おまちしております。

最後にメールを書くのに考えて時間がかかってしまい、
すぐに返事ができない時は
「ご連絡をありがとうございます。検討して○日までにお返事致します。
まずはお受け取りのご連絡のみにて失礼いたします。」
などの例が、便利なフレーズと思われます。