0

キレイだけど軽量のPDFをIllustratorで書き出す

デザインをpdfにする方法です。

出来るだけ画質を落とさずに、しかしメール添付できる程度の使い勝手の良い書き出しができると

ファイルを開ける人にストレスをかけずにすみます。

色々試してみました。

1.まず印刷入稿用のキレイなpdfから。

Illustratorでファイル→別名で保存→PDF/X-1a形式を選択→サムネイルを埋め込みにチェック

::::::::結果:::::::::::

2.72MB→見た目きれいですので、お送りしてプリントして頂く場合によさそうです。

直接添付するのは避けて、どこかのサーバにアップロードしてそのURLをお伝えしましょう。

2.もう少し軽くする方法をやってみました

Illustratorでファイル→別名で保存→Illustrator初期設定を選択、Illustrator編集機能保持のチェックはずす→圧縮→ダウンサンプルをバイキュービック法にする→圧縮ZIP

bycubic

::::::::結果:::::::::::

2.41MB→あまり変わりませんでしたが少し軽くなりました。ウィンドウに150ppi ?250ppi と設定数値が入っていますが

100ppiにおとしても結果同じでした。

 

3.まだまだ重いという方はもっと軽くできます…

最小ファイル書き出しにすれば簡単じゃないの?と思わるかもしれませんが

(Illustratorでファイル→別名で保存→最小ファイル書き出し)

これは確かに結果421KBと、一気に軽くなりますが画質がこんなに荒れてしまいます。

are

 

 

そこで先ほど書き出した1または2をAcrobatで開きます。

Acrobat X Proの場合→ファイルメニュー→名前を付けて保存→サイズが縮小されたPDF→既存を保持

::::::::結果:::::::::::

492KB→これなら、メールで気軽に送れます。しかも劣化が少ないです。これくらいの画質です。

kansei

 

0

ショートカットキーについて

Illustrator(イラストレイター)やPhotoshop(フォトショップ)などで

デザイン制作を進めるにあたり、作業を簡単に行える【ショートカットキー】を

使うことが時間短縮につながります。

ということで、よく使うことがあるショートカットキーを

ご案内します。

●保存→Ctlr+S

●行った作業の取り消し→Ctlr+Z

●ひとつ前に行った作業の取り消し→Ctlr+Shift+Z

●コピー→Ctlr+C

●ペースト→Ctlr+V

●拡大→Ctlr+スペース

●縮小→Ctlr+Alt+スペース

●キャンパス内全選択→Ctlr+A

●選択範囲の解除→Ctlr+D

●ガイドの表示・非表示→Ctlr+:(コロン)

●グリッドの表示・非表示→Ctlr+@

他にも、【選択】でしたり、【カスタムシェイプツール】の

ショートカットキーがありますが、これらについてはそれぞれのツールに

マウスポインターを重ねることで知ることが可能です。

それについては、またの機会にご案内します!

それでは~^^