0

mail form, mail form proでエラーが出て送れない

mail form, mail form proでフォームの設定をしていて

エラーが出た時の対処です。

【ケース】

PCサイト、スマホサイトにmail formまたは mail form proを組み込み、Perlタグ
Sendmailタグも設定し、パーミッション設定もした所でテスト送信したら

「指定ドメイン以外から送信されようとしています」(mail form pro)またはspam block(mail form)

と出た。

【原因】

サイトがDNS設定前でしたので、URLがIPアドレスの状態であった。

それをmail form proのプログラムで「URLが変」だと判断してしまっていた。

【原因を探った方法】

mail form→send.cgi

mail form pro→config.cgi

の中に書かれているスパムブロックや、リファラードメインチェックをoffに設定してテスト送信したら

正常に届いた。この検証で、DNS設定後は正常送信されるはずだという事が分かった。検証後、スパムブロックはONに戻しておいた。

 

コツ1

送信テストはsecret windowで検証する(キャッシュが残らないwindowなので、テストに便利)

コツ2

ドメイン移管後数日は不安定なのでメールの届き先を目的のメールアドレス以外にもう一つ

予備で設定する(自分の会社のメールなど。)最初は両方に届く。やり方↓

 

 

mail form→send.cgi  内の設定はカンマ区切りで書く。

‘info@xxxxxxx.com,info@yyyyyyyyyyy.com’

 

 

mail form pro→config.cgi  は、シングルクォートでくくったメールアドレスをカンマで区切って指定する

@mailto = (‘info@xxxxxxx.com’,’info@yyyyyyyyyyy.com’);

 

コツ3

検証時はデバイス振り分けの.htaccessは作動しないように一時的に止めておく

0

スマートフォンのタイポグラフィで注意していること

小さくて読みづらいスマートフォン向けサイト。

本文の行間を広めにしてあげます。

カンバスサイズ幅640pxの場合の作例です。

フォントサイズ28pxで行間50pxにしてみました。

名称未設定-1_02_02

また、h2 ? h3のジャンプ率もPC版より意識的にくっきりとさせます。

 

 

 

また、サイトの印象のクオリティを上げたい場合は見出しのアイコンをフォントの「■」ではなく、画像にします。

上の黄色い四角以外にも例えばこんなのを作ってみました。

名称未設定-1_06

 

ちなみに、文字の背景のcss3グラデーションは、

http://css3button.net/で作成したCSSのコードをコピーしてcssファイルを別途作成し コーダーさんに「参考として」デザインpsdと共にお渡ししています。

 

 

行間を開けるとどうしてもページがタテに長くなりがちです。対策として「ページ上部に戻る」リンクをフッターにつけるようにしています。

▲PAGE TOP

Page↑Top

BACK TO TOP

TOP  …などもOK、です!