0

自然と人工的な配色

自然に見える配色と、人工的に見える配色について説明します。

 

◎ナチュラルハーモニー
=ナチュラルな配色。
暖色系の色は明度を高くし、寒色系の色は明度を低くすることで
自然な色を演出できます。
さらに、明るい色は黄みよりの明るい色にし、
暗い色は青みよりの暗い色にすると自然な印象になります。

 

◎コンプレックスハーモニー
暖色系の色は明度を低くし、寒色系の色は明度を高くすることで
不自然な色を演出できます。
さらに、明るい色は青みよりの暗い色にし、
暗い色を黄みの明るい色にすると不自然な印象になります。

 

※人工的なイメージがある配色
基本的には鮮やかな色をぶつけあうと、人工的でぎらぎらとした
刺激のある色になります。
ですので、上記の二つを表現したいときはこのような鮮やかな色の
使いすぎは極力さけたほうが良いでしょう。

人工的なイメージの配色の組み合わせは
「不思議さ」「未来的」「幻覚」などをテーマにホームページ制作を
する際には当てはまります。そのときは、100%鮮やかにすることをおすすめします。

0

スタイリッシュな配色

スタイリッシュな配色

 

スタイリッシュとはハイセンスという意味になります。
余白を多めにとる・寒色をベースに色数を少なくしてシンプルにまとめる。
などするとスタイリッシュな配色に近づけることが出来ます。

 

●スタイリッシュのイメージとは

無彩色で無機質を演出し、寒色のグレイッシュ・トーンを基調にまとめると
スタイリッシュを表現できます。
色の数を最小限に抑えれば抑えるほど、スタイリッシュ感が出ます。

 

●クールさをイメージさせる配色

透明感のある色を高明度・中彩度でまとめると、都会かつ清楚な印象になります。
明るいトーンの同一色相でまとめるとクールさをイメージさせる配色となります。

 

●スタイリッシュな配色においてのNG

・暖かさを感じさせる色の使用
※人工的で無機質な感じを表現することがスタイリッシュな配色に
なるので、基本的にはワンポイントでも暖色が入るとイメージが変わってきてしまいます。