「FullCalendar.js」を使用して、Googleカレンダーをもっと美しく-2

前回「「FullCalendar.js」を使用して、Googleカレンダーをもっと美しく-1」で基本的な導入方法をお伝えしましたが、今回は簡単なカスタマイズについてお伝えします。

ホームページ制作の多くは「和文」サイトのため、曜日などの表示も「和文」に合わせます。

修正前
06032

 

修正後
06031

?今回はhtmlのheadタグ内に直接scriptを記載しました。
(外部スクリプトを読み込んでいる場合はそちらに記載するほうがベターです)

もともとhead内に以下のscriptがデフォルトで記載されていましたので
$(‘#calendar’).fullCalendar({
ここの直下に以下を追加しました。

dayNames: ['日曜日','月曜日','火曜日','水曜日','木曜日','金曜日','土曜日'],
dayNamesShort: ['日','月','火','水','木','金','土'],
monthNames: ['1月','2月','3月','4月','5月','6月','7月','8月','9月','10月','11月','12月'],
monthNamesShort: ['1月','2月','3月','4月','5月','6月','7月','8月','9月','10月','11月','12月'],
buttonText: {today: ‘今日’,},

これで和文表記となりました。
ちなみにデフォルトではhtmlのエンコード宣言がされていませんのでちゃんと宣言しましょう。
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=UTF-8″>

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>