カテゴリー別アーカイブ: ワードプレス(wordpress)

SEOマスターツールのsitemap.xml追加警告対処法

SEOに有効なsitemap.xml

の作り方です。

htmlのなかに、[サイトマップ]として「sitemap.html」ファイルがあると

sitemap.xmlとsitemap.htmlがコンフリクトを起こしてうまく表示されません、

「sitemaps.html」とか他の名前に変えておきましょう。

 

******************************************************************

静的サイトの場合通常の作り方

コーディングが終わり、全データを本番サーバにアップしたらこちらのサイトにURLを入力。

自動生成してくれるので最上階層にアップする。

http://www.sitemapxml.jp/

index数、(ページ)を増やしたときはまた生成してアップしなおす。

 

******************************************************************

wordpressを使ったサイトの場合

[Google XML Sitemaps]プラグインを検索し、有効化する。これはページが増えた時も自動で

更新してくれるので、どのサイトにも必須プラグインと言えるそうです。

設定の所でGoogle XML Sitemapsがあるので、サイトマップを構築するには「こちらをクリック」という文章を見つけます。クリックすれば完了。

******************************************************************

wordpressを使っているけど

sitemap.phpページがすでに上がってしまっている場合

そのままsitemap.xmlをアップするとコンフリクトを起こすので

ファイル名をsitemaps.phpに直します。パーマリンクもhttp://**********/sitemapになっていると思うので

http://**********/sitemapに直す。

ルートの直下に生成ツールで作成したsitemap.xmlをアップロード。これもページ増やすたびに

生成しなおしてアップしなくてはならないです。

wordpress(パーマリンク設定)

WordPressでホームページ制作をする際、投稿機能を使用することがあるかと思
います。
URLは都度手動にて任意で変更することができますが(タイトル欄のすぐした、
パーマリンクの欄に「編集ボタン」があります)、自動で「投稿日」を 反映させ
ることも可能です。

管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」で、投稿日や数字といった様々な設
定が可能ですので試してみましょう。

例えば投稿日をアドレスに自動設定する場合
例)http://www.aaa.com/blog/2013/08/27/
パーマリンク設定の「日付と投稿」を修正するか、「カスタム構造」で以下を入
力します。
/%year%/%monthnum%/%day%/

こうすることで、投稿すると自動で日付となります。
そのほかにもタイトル名の設定、数字ベースなど様々な設定が可能です。

WordPressで構築されたサイトに新規ページ追加する

phpの知識がないデザイナーでも、手順を覚えればページの追加や修正ができます

該当サイトのftpにログインする

/wp-content/themes ? ?から適当な.phpファイルをデスクトップにダウンロード

これをベースにしたいので名前を書き換える

(menu.phpだとしたら、sitemap.phpなどにリネームする。)

リネームしたのをもとの場所にアップロード。wordpressにログインすると、外観のテーマ編集の所にsitemap.phpが表れているのが分る。

コードの中の一行のtempletename:menuという所をtempletename:sitemapと修正。

wordpressの「投稿」に行き、新規追加ボタンをクリック。タイトル欄にsitemapを入力。右のサイドメニューのテンプレートからプルダウンでsitemapを選ぶ。

これでページが追加できました。

?ホームページ制作を一度完了しても、あとから追加する機会はたまにあるので、方法を忘れたら自分もこのブログを見直そうと思っています。

wordpressで普通のサイトを作るメモ

wordpressでブログじゃないサイトを作る時の初心者メモです。
画像に関しては2か所に格納する。
1.コンテンツ領域の画像→メディア→新規追加→アップロード
2.共通領域(header footer sidebarなど)→ftpでimgフォルダに格納。 htmlは「外観」の「テーマ編集」に入れる。

 

下書きを保存するとプレビューして完成ページの確認ができる。

画像は「メディア」に保存した物の絶対パスをコピーし、テーマ編集のコードに一個一個ペーストする。

headerやfooterなどの共通領域は「テンプレート」として読み込みます。書くコードは標準的には次の通り。

 

<!–?php /* Template Name: なまえ */ ?–>

<!–?php get_header(); ?–>

<ul id=”pankuzu”>
<li><a href=”<?php echo home_url(); ?>”>トップ</a></li>
<li> ? について</li>

</ul>

<!– sec01 start –>
<p>ここにdivで囲んだhtmlソースがはいります。</p>

<!– sec01 end–>

<!–?php get_footer(); ?–>

cssも、外観のテーマ編集に入っています。 cssの背景画像設定は2.の所でアップしましたので、background: url(img/********.jpg) no-repeat;になります。